フローリングの傷跡を補修する

subpage-img

フローリングの床に固いものを落としてしまってて、傷が付いてしまった場合は、跡が気にならないように補修しましょう。


賃貸物件に住んでいる場合は、退去時に原状回復義務が発生してしまうので、できるだけ早めに対処しておくと安心です。

フローリングの床板そのものが凹んでしまったり、割れるように傷がついてしまっても、補修する方法があります。一般的に知られているのがパテを埋め込んで、表面をならして、色づけなどで目立たなくしてしまう方法です。
一度、しっかりと補修しておくと、年月の経過と共に、跡は目立たなくなります。



ポイントはフローリングのツヤです。ワックスがかけられていると、ツヤが出ています。ツヤは自然に劣化します。

ワックスは年に一度の割合で、かけ直すのが理想的ですが、賃貸物件の場合は退去時に傷んでいないことのほうが重要なので、それほど気にしなくても良いでしょう。重要なのは、凸凹をなくしておくことです。凹んだり割れている箇所は、必ず埋めておきます。多めのパテや補修剤などを埋め込んでおいてから、周囲のフローリング材と高さを合わせるために、微調整します。

表面に出っ張った部分を水平に除去します。


補修剤によっては、乾燥して固まってからのほうが水平に削り取りやすく、仕上がりもきれいです。凸凹がなくなってから、ツヤだしスプレーをかけます。ワックスと同じような成分なので、全体的に馴染ませると閑静です。



広めの範囲に広げるように、乾いた布で擦ると、目立たなくなります。一連の手順は、ホームリペアサービスでプロでも対応しています。



自信がないときは、プロに依頼してみると良いでしょう。
手順とコツを学べるので、次からは自分で対処できるようになります。

top