フローリングの傷などを修理する方法

subpage-img

今住んでいる住宅のフローリングを修理したいならば、その修理方法についてしっかり知っておかなくてはいけません。



まず木板の修理は大きく分けて二つ存在し、何かを張り付けてごまかすか、パテで詰めてしまうかです。


見た目さえよくなればいいのであればシールタイプの補修グッズがたくさんあるので、それらをきれいに貼り付けるといいでしょう。パテ詰めをするとかなり長持ちさせることができるので、手間とコストをかけたいときにはパテを使うのがおすすめです。


フローリングは畳と違っていつまでも使うことができますが、長年の使用によって傷がついてしまいます。


その傷はできてから消すよりも予防をしたほうが確実です。


ワックスやフロアコーティングを使って床の木板を保護するようにするといいでしょう。すでに傷がついている場合は何かしら補修を行い、それから保護剤を塗布することでとても長持ちするフローリングにすることができます。

対処法を酔いすることは大切ですが、事前に保護剤を使うことも考えておきましょう。



住宅の資産価値を維持するためにはフローリングを大事にすることが大切です。
しかし、すでにできてしまった傷を素人が補修してもあまり資産価値を維持することにはつながりません。



あくまで見栄えをよくするだけのことであることを認識し、面倒であればシールタイプのものを使うようにするといいでしょう。

定期的にワックスやコーティングを施すとフローリングの価値は維持されるので、修理と合わせて実施すると効果的です。


top